母の髪切る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

美容師の息子を持っているからにはいつも綺麗でいて欲しいとは思うんだけど、身内は後回しにしてしまう。

ここ2年くらいは母のヘアスタイルはだいぶ変わった。

齢50を過ぎてからロングにチャレンジさせてみた。髪質はは細くてボリュームの出ないくせ毛。

  • クセが収まりがつきにくいから最初はパーマで扱いやすいカールにしてみた。これはあくまでも手入れしやすく伸ばすためのパーマ。
  • 肩くらいまできたら表面に出てくる細かい癖(アホ毛)が気になってきたので、パーマの方法をチェンジ。ここでデジタルパーマ&根元の縮毛矯正。これでお手入れが断然やりやすく、しかも髪にツヤが出た。(このあたりで後ろ姿はマイナス10歳は行ったらしい)
  • で、その間にカラーをやめてハナヘナにチェンジ。合う合わないはあるけど母は気に入ってくれた。手触りが柔らかくなってイイらしい。

デジパをやってからは半年に一回くらいしか長さを大きく変えることはなかったんだけど、今回は肩下までバッサリ。(多分10cmは切ったね)根元の縮毛矯正はまた今度ね。

どうなったかは母に会った時に見てみてください。写真を撮り忘れました。

年齢重ねてくるとロングはどうかなー?って思ってる人もやってみる価値はあると思いますよ。ボリュームがなくなりがちですけど、どこかにポイントとなるパーマとかがあればしっくりくると思います。根元をフンワリさせるだけが解決方法だとは思わないでくださいね。

年齢にかかわらずかわいくなれますからね。